Policy ポリシー

アドミッションポリシー

ものづくりを通して豊かな社会を実現してゆくため、機械工学科は、社会に貢献できる幅広い視野と倫理観を持ち、システムの構築に貢献できる協調性を備える技術者の育成を目指します。そのため、機械工学の基礎知識に立脚した「ものづくり」のできる能力を以って広く世界に発信し、国際化時代を生き抜く行動力を持つ機械技術者を育成します。このために、次のような入学者を受入れます。

1 機械工学を学ぶために必要な基礎学力を有し、次世代の機械を創成したい意欲を持っている人。
2 循環型社会における倫理観を多様な価値観から判断しようとする考えを持っている人。
3 ものづくりを通して国際的に活躍しようとする意欲を持っている人。
4 継続的な学修を根気強く行う習慣を身につけている人。

また、機械工学科に入学するまでに、次のような教科の内容を理解していることが望まれます。

国 語:文書の読解力と表現力、論理的思考力
外国語:基礎的な文法を理解し、正しく構文できる表現力
数 学:数学Ⅰ、数学Ⅱ、数学Ⅲ(平面上の曲線と複素数平面・極限・微分法・積分法)、数学A、数学B(数列・ベクトル)など数学の基礎
理 科:物理をはじめとする理科系科目の基礎

カリキュラムポリシー

機械工学科では、ものづくりの基本となる実験や実習を通して設計に関する思想や技術を身につけることができ、さらには機械とエネルギーの関連性を考慮した深い知識と考察力及び応用力に基づいて幅広く国際的な工学知識と倫理観を発揮できる専門職業人を育成するために、以下のようなカリキュラムを構成しています。
1 数学系及び物理系の基礎科目や機械工学における重要な4つの力学系講義科目は早期のセメスターで同時に開講され、機械工学分野の技術者としての素養を身につけます。
2 創作実習などを通して、自由で科学的な発想にしたがって、試行錯誤を繰り返しながら粘り強く自主的に学修する能力を養成します。
3 論題について、各自が実施した調査内容や資料を多様な価値観から分析・判断し、グル-プ全体の意見や調査結果としてまとめるディベート型の内容を取り入れた実験や実習を通して、他のグル-プと議論及び審議する能力を身につけます。
4 設計製図、工学実験、工作実習など、講義科目の内容を実体験で学修する科目を通じて、各種機械の生産技術と設計の関連性を理解します。
5 自由な発想に基づき、課題に対して実験を企画し、実験道具の調達や実験の遂行からデータ処理やレポート作成まで、資料を詳しく調査して実験結果を考察することによって、問題発見・解決能力やその表現力を養成します。
6 実習では、単純な機械要素の製作を実体験し、設計製図では、これを踏まえて単純な機械をテーマとしながら、製図、機械要素及び機械設計の一貫したものづくりに関する工程を系統的に学修します。
7 卒業研究では、調査・情報発信を通じて国際社会に通用する表現力を育成しながら、これまで学んだ知識や技術を実際に応用する力、問題解決能力及びコミュニケ-ション力が発揮できるように、実験・研究を遂行し、社会で活躍できる技術者を育成します。

ディプロマポリシー

機械工学科では、国際化時代を生き抜く能力、機械工学の基礎に立脚した「ものづくり」ができる能力、論理的な考え方や問題解決能力を備えた機械技術者を育成することを教育の目標とし、厳格な成績評価により教育カリキュラムを運営しています。これらの考えに基づいて開講された科目を履修して、所定の単位を修得した学生に卒業を認定し、学士(工学)の学位を授与します。卒業までに身につけておくべき資質・能力を以下具体的に示します。
1 関心・意欲・態度

1)自発的な学修を意欲的に遂行する姿勢と技術者としての倫理観を理解し、説明することができること。
2)機械と人間が共存することを基本概念とし、インフラ整備も含めた機械の設計に対
する考え方や責任感を理解できること。
3)機械技術者として新しい知識や国際的な情報も視野に入れるため、継続して自主的に学修する重要性が理解できていること。

2 思考・判断

1)地球規模の問題を視野に入れ、機械を稼働させるために必要なエネルギーが有効的に活用される方法を立案できること。
2)グル-プ内での役割分担を理解し、協調的に行動すると同時に、積極的に活動でき
ること。
3)問題を発見し、解決する能力を備えた国際性豊かな機械技術者としての考え方に基
づいて、解析・考察ができること。

3 技能・表現

1)実験を計画的に策定することによって、積極的に実験を遂行し、実験の結果を考察
して論文にまとめ、プレゼンテ-ションを通して論理的に議論できること。
2)機械技術者として国際化時代を生き抜くために必要な英語力を身につけていること。
3)目標を達成するために問題点を整理して、解決するための手法を選定し、それらを
遂行するための計画に優先順位をつけて実行できる「エンジニアリングデザイン能
力」を身につけていること。

4 知識・理解

1)国際的に活躍するために必要な機械工学の基礎知識を身につけていること。
2)設計や生産に関する機械工学の基礎に立脚した「ものづくり」ができる能力を身につけていること。
3)機械工学分野の高度な専門知識と発生した課題を解決する能力を身につけているこ
と。