Learning & Educational Objectives 学習・教育目標

機械工学科の学習・教育目標は以下のとおりです.4年間を通じて,「人に愛され,信頼され,尊敬される」技術者に成長するため,どのような内容の科目を何のために学ぶかをまとめたものです.

(A) 対社会的責任の自覚能力の養成

生命の科学、環境科学、工学倫理などの学問を通して、人類の幸福・福祉などの概念を理解し、技術者としてのあるべき姿や他人、他国の立場を尊重する思考の重要性を認識する。また、技術が社会や自然に及ぼす影響・効果に関する理解を深め、社会に対する責任感を養成する。

(A-1)
社会の歴史・構造・仕組み,人間の社会観念の認識:人文科学,社会科学,健康・スポーツ,共通基礎(工学倫理を除く)の分野の科目を修得することにより,個人・社会・国際的倫理観を養成する.また,社会の歴史的変遷や社会的要求の変化を学び,将来に向けた社会的要求や必要性の方向予測能力を養う.
(A-2)
自然の中における人間の役割と技術開発のあるべき姿の認識:自然科学,ゼミナールの分野の科目を修得することにより,科学の進歩が自然や環境にどのように影響を及ぼし,科学技術の発展が持つ光と影の両者を見つめる素養を身につける.
(A-3)
技術者倫理:工学倫理や機械概説を履修し,(A-1),(A-2)で得た知識と現実の工業技術の発展に伴う種々の問題の実例を照らし合わせて実践的倫理観を修得する.

(B) 工学の基礎知識の修得

機械工学を学ぶ上で基本となる数学、自然科学の基礎知識を修得し、これらを工学に応用できる能力を養成する。

(B-1)
数学的基礎知識:工学基礎科目の数学系科目から8科目以上修得することにより,微分積分学,線形代数学,確率統計学,ベクトル解析や応用解析といった機械工学の学習に要する数学的素養を身に着ける.
(B-2)
物理学的基礎知識:工学基礎科目の物理学系科目から3科目履修することにより,力学を中心として電磁気学にいたるまでの物理学の基礎を学び,材料力学など機械工学で学ぶ各力学の基礎知識を修得する.

(C) 機械工学の専門知識の修得

「ものづくり」の原点である機械工学の基礎知識として重要な材料力学・熱力学・流体力学・機械力学を学び,並行して開講する演習により応用力を養う.これら機械工学の基礎知識をもとに,機械工学の応用分野における幅広い専門知識を修得する.

(D) デザイン能力の養成

目的課題を遂行する方法をデザインする能力と,ものをつくるための機械設計能力を養成する.

(D-1)
課題遂行手順のデザイン能力:ものつくりの導入教育を目的としたペーパークラフト課題により,問題解決の一連の手順を学習体験する.また,機械工学基礎実験Ⅱでは,解がひとつでない課題に対して,チームで協調し,測定原理・測定法を調査・考案した後,実験に必要な器具を揃えて実験し,得られた結果が正しいかどうかの検証までを行うことにより実験のデザイン能力を養っている.さらに,卒業研究では,実践的な研究課題にたいして実験の計画・実行・評価の一連のプロセスを得る事により,目的課題を遂行する方法をデザインする能力を修得する.
(D-2)
機械の設計能力:機械設計に関する科目を履修し,さらに機械材料や加工技術関連科目を中心に履修することにより,社会で活躍可能な機械技術者となるための機械設計能力を修得する.くわえて,「ものづくり」の基本となる図面作成能力を,機械製図法,CAD演習,基礎設計製図,機械製図演習の科目を通して,手書きによる作図からCADによる図面作成,設計の能力を身につける.さらに,設計製図と機械製作実習では,設計と製作を一連させ,自らが設計したものを製作することにより,実際的な設計能力の向上につとめる.

(E) 課題発見・解決能力の養成

創成科目で課題理解力やその解決能力を養うほか,卒業研究ゼミナールおよび卒業研究の中で専門的能力を展開し,製造・開発・研究における問題設定能力とその解決能力,また,自らの創意工夫により課題や問題に対して創造的発想で対処できる能力を養成する.なお,卒業研究はその性質上,以下の全ての項目の養成を目標としている.

(E-1)
課題や問題点の分析能力:フレッシュマンゼミナールでのペーパークラフト,機械工学基礎実験Ⅱ,応用設計製図を通して,与えられた課題の意味を分析し,何を求められ,何をすべきかを考察する能力を養う.
(E-2)
課題や問題点に対する解決手法の探索能力:ペーパークラフト,機械工学基礎実験Ⅱ,応用設計製図を通して,自分が設計したもの,試作したもののどこに問題点があり,どのようにすると改善・解決できるかを考察し,解決の糸口を見出す能力を養成する.
(E-3)
問題点の解決能力:ペーパークラフト,機械工学基礎実験Ⅱ,応用設計製図を通して,作成物の機構や自ら見出した測定装置の測定原理・測定法を改善し,問題を解決し,得られた成果や結果が正しいかどうかの検証までを行い,課題理解・解決・評価能力を修得する.
(E-4)
作図・表現能力:与えられた課題に対し,設計の手順を分析し,機械工学の知識をどのように駆使して設計するかを考察する能力を養う.機械基礎工作実習やペーパークラフト,応用設計製図において考案物の具体的な図表現能力を養う.

(F) 情報収集力・データ分析能力の養成

情報を広く集め,取捨選択する能力を養うとともに,情報機器,インターネットなど新しいメディアを使いこなす能力を身につける.また,実験・実習などにより変化,進歩の著しい各種機器の利用に慣れ親しむとともに,その測定の原理やデータ処理・分析能力を養成する.

(F-1)
情報収集能力:電算機基礎演習Ⅰとフレッシュマンゼミナールで,それぞれ学内ネットワークの利用方法,図書館および図書・文献データベースの利用方法を学ぶ.さらに,各実験科目や卒業研究において,それらのメディアを積極的に利用し,情報収集能力を養成する.また,実験において不可欠である計測器から必要なデータを収集する能力は,主に各実験科目におけるデータ処理を通して修得する.
(F-2)
実験機器の適切な選択と使用能力:各実験科目や卒業研究,計測工学において,与えられた実験課題に対し,何をどのように測定すべきかを考えた後,適切な計測器を選択して使用する能力を養成し,各種計測理論ならびに計測手法を修得するとともに,計測器の利用方法を習得する.
(F-3)
データ分析・処理能力:電算機基礎演習Ⅰにて,表計算ソフトウェアの操作スキルを身につけ,各実験科目や卒業研究におけるレポート・論文作成の中で実践的なデータの集計・統計計算・グラフ作成などの能力を身に付ける.また,電算機基礎演習Ⅱなどプログラムミング関連科目にて,プログラム作成の基礎を学び,同様に各実験科目や卒業研究の中で実践的なデータを通して,データ処理の手法を修得する.くわえて,計測工学や生産システム工学などにおいて,品質・生産管理のためのデータ処理・分析方法について学ぶ.

(G) 表現力と国際性の養成

自立して学習・研究活動できる自己啓発・自己管理能力および自らが理解したことを確実に伝達できる表現力を養う.また,身近な環境から地球環境まで常に関心を払い,国内外で幅広くコミュニケーションが行える能力を身につける.さらに,技術者として求められる人格形成を重視し,人々に信頼され,協働して事業を進めるチームワーク力を養成する.

(G-1)
国際コミュニケーション能力:外国語科目および特修プログラム国際工学特修科目を履修することにより,英語理解力の向上と国際的視点を養成する.くわえて,機械技術英語を通して,機械系専門技術英語の理解力を深め,英語による文献の読解能力,会話能力を向上させる.
(G-2)
自己表現能力:フレッシュマンゼミナール,機械工学ディベート,微分積分学演習などを履修し,自分の考え方をまとめて,分かりやすく発表する能力を養う.機械工学基礎実験Ⅰ・Ⅱ,機械工学実験,卒業研究を通して,自ら考案した測定方法などをまとめ報告書を作成し,口頭説明により表現する能力を身につける.
(G-3)
自己学習能力:機械工学基礎実験Ⅰ・Ⅱ,機械工学実験,卒業研究の中で実験方法を自ら考案し,得られた測定結果をまとめ報告書を作成するなど,自ら問題解決,結果の収集,発表準備を計画的に行う能力を身につける.